おすすめの事業者向けローン会社を探そう!
lime.jpg

個人自称主、株式会社の経営者、大小あるかもしれまえんが、事業をしている人間にとって大きなお金が必要となるケースは多々あります。そんなときに活用したいのが事業者向けのローンですね。当サイトではそんな事業者ローンの比較をしています。

経営者のみなさん、いざというときの備えは万全ですか?

景気の悪化や、急速に進む円高。こんな先行きが不透明な時代だから、いつ何が起きてもおかしくありませんよね。リーマンショック以降、業績がなかなか回復しないという企業を抱えていらっしゃる事業主の方は、常に不安な気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな事業主のみなさん。みなさんはイザというときの備えは万全ですか?

通常の事業資金や設備投資のための資金であれば、取引している銀行から融資を受けることになりますよね。

しかし銀行から事業融資を受ける際には、しっかりとした事業計画書の提出を求められたり、担保を用意しなければならないことがほとんどです。融資を受けるまでには手間も時間もかかってしまうことになり、これでは急なつなぎ資金が必要になったときなどに対応できません。

そこで、イザというときにもすぐに融資が受けられる「ビジネスローン」などを事前に調べて、イザというときに備えることが大切になります。

原則的に担保や保証人が不要で、大きな限度額を低金利で融資してくれるローンであれば、事業向けの「ビジネスローン」でなくてもつなぎ資金などとして活用することもできますが、基本的には「ビジネスローン」と銘打たれたもののほうが、利率が低い傾向があるようです。

「ビジネスローン」も扱う金融業者によって、サービス内容にはかなりの差があります。中でも、融資限度額が大きく低金利、そして何より条件が揃えば即日融資可能というところを事前に調べておけば、イザというときに必ず役に立ってくれるはず。

さぁ、事業主のみなさん、今からでも遅くはありません。イザというときにバッチリ備えておきましょう!

従来は「商工ローン」と呼ばれ、法人を主な対象として融資が行なわれてきた「事業者ローン」。最近はノンバンク系だけではなく、銀行系やIT系なども次々とこの分野に参入し、さまざまなタイプのローン商品が存在するようになりました。

事業主への融資といえば、従来はメインバンクとして取引している銀行と折衝を重ね、業績の報告書や事業計画書などの細かい書類を提出し、時間をかけた審査を経なければ受けることができませんでした。

しかし最近の「事業者ローン」には、担保も保証人も不要で、提出書類は本人確認書類のみというものもあります。

こうしたタイプのローンは、担保が必要ない分、限度額の設定が最高500万円程度となっており、法人ではなく事業主本人が個人として契約するものが多く見られます。

もちろん、従来型の担保・保証人ありの、融資額が比較的大きな「事業者ローン」にもいろいろなものがあります。以前よりも種類もタイプも多くなってきているだけに、いざ借り入れを検討しようとなると、いったいどこを選べばいいのか迷ってしまいそうですね。

「事業者ローン」を選ぶ際に最も大切なことは、何を基準にするか、ということです。借り入れ資金が数千万円単位と大きなときには、やはり必ず担保が必要になってくるはずですし、小額資金を短期間借りるだけでよいのであれば、手軽なフリーローンに近いものを選ぶこともできます。

借り入れる資金の使途や目的は何なのか、借り入れ期間はどのくらいの予定なのか、まずはすべてを書き出してみましょう。そのうえで、融資額・金利・返済期間などを比較検討して選ぶようにしたいですね。

事業者のみなさん、みなさんの会社ではどのような資金調達方法をお持ちでしょうか?

普段からお付き合いのある金融機関から融資を受けている、それ以外の資金調達方法はあまりよくわからない、そんな方がじつは多くいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方のために、資金の調達方法のヒントをお教えしましょう。

中小企業の資金調達方法には、大きく分けて2つの方法があると言われています。1つは公的融資、もう1つは民間融資です。

後者の民間融資は、銀行やノンバンク系会社などによる「事業者ローン」や「住宅ローン」などの各種融資商品のことを差します。この民間融資は多くの方が利用されているのではないかと思われます。

では、前者の公的融資とはどういうものでしょうか。公的融資は、所属する商工会議所や自治体、日本政策金融公庫などが直接融資をしてくれる、または民間企業から融資を受ける際の保証人になってくれる融資のこと。

公的機関からの直接融資、または保証ということで、融資額が大きく、また金利が低めの設定になっているのが大きな特徴です。

またこうした融資のほかにも、各都道府県や国による、中小企業助成のための補助金などもあります。新規雇用や定年の延長など、条件を満たせば受給できるものもあるので、積極的に補助金について調べてみるのもよいかもしれません。

融資内容としては、公的融資のほうがメリットが多くありますし、補助金も条件を満たすのであれば受けるに越したことはありません。こうした公的融資や補助金を上手に活用することで、事業をより円滑にできるかもしれませんよ。

どうしてもいますぐお金が必要な場合

社員の給料日が明日なのでにどうしても必要なお金が用意出来ない場合は個人名義となりますがカードローンを活用することもひとつの選択肢となります。

銀行に比べて審査から現金が手に入るまでのスピードが早いからですね。翌日どころか即日キャッシングも可能なところも大きな魅力です。

ただし、毎月の利息はやはり国や銀行から借入するよりも高くなっているので注意が必要です。