事業者ローン >  公的融資や補助金を活用

公的融資や補助金を活用

事業者のみなさん、みなさんの会社ではどのような資金調達方法をお持ちでしょうか?

普段からお付き合いのある金融機関から融資を受けている、それ以外の資金調達方法はあまりよくわからない、そんな方がじつは多くいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方のために、資金の調達方法のヒントをお教えしましょう。

中小企業の資金調達方法には、大きく分けて2つの方法があると言われています。1つは公的融資、もう1つは民間融資です。

後者の民間融資は、銀行やノンバンク系会社などによる「事業者ローン」などの各種融資商品のことを差します。この民間融資は多くの方が利用されているのではないかと思われます。

では、前者の公的融資とはどういうものでしょうか。公的融資は、所属する商工会議所や自治体、日本政策金融公庫などが直接融資をしてくれる、または民間企業から融資を受ける際の保証人になってくれる融資のこと。

公的機関からの直接融資、または保証ということで、融資額が大きく、また金利が低めの設定になっているのが大きな特徴です。

またこうした融資のほかにも、各都道府県や国による、中小企業助成のための補助金などもあります。新規雇用や定年の延長など、条件を満たせば受給できるものもあるので、積極的に補助金について調べてみるのもよいかもしれません。

融資内容としては、公的融資のほうがメリットが多くありますし、補助金も条件を満たすのであれば受けるに越したことはありません。こうした公的融資や補助金を上手に活用することで、事業をより円滑にできるかもしれませんよ。