事業者ローン >  不動産担保ローン

不動産担保ローン

事業を行なう事業者にとって、いかに大きな金額を低金利で借りるか、ということは融資を受ける際の最大のテーマ。返済期間もできるだけ長く設定し、月々の返済額を低く抑えることができれば、なおのことうれしいですよね。

しかし通常の「事業者ローン」や無担保・無保証人の「ビジネスローン」などでは、こうした希望は残念ながらなかなか叶えられません。

そんなとき、もし不動産をお持ちなら、それを担保にして借り入れを行なう「不動産担保ローン」を活用するという手があります。「不動産担保ローン」とは書いて字のごとく、不動産を担保にして資金調達を行なうローン商品のこと。

担保とする不動産をローン会社が評価し、その評価の範囲内での借り入れが可能となります。

そんな「不動産担保ローン」のメリットは、まとまった資金を低金利で、しかも長期間借り入れが可能であるということ。

無担保ローンの場合は、最大で融資額は数百万円ほどですが、「不動産担保ローン」は数千万円、中には数億円借りられる商品もあります。また金利も無担保ローンよりも比較的低めであるうえ、返済期間も最長25年程度と長めの設定になっているので、月々の返済額を抑えてゆとりのある返済プランを組むことができます。

こんなメリットの多い「不動産担保ローン」にも、注意したい点はあります。このローンの場合、不動産の鑑定手数料や印紙代などのコストが高くつく場合があります。

また不動産の鑑定に時間がかかるため、スピーディな融資は期待できません。この点には注意が必要ですが、「不動産担保ローン」は事業者にとっては魅力のあるローン。上手に活用して、事業に活かせる資金を手にしたいですね。