事業者ローン >  何を基準に選ぶか

何を基準に選ぶか

従来は「商工ローン」と呼ばれ、法人を主な対象として融資が行なわれてきた「事業者ローン」。最近はノンバンク系だけではなく、銀行系やIT系なども次々とこの分野に参入し、さまざまなタイプのローン商品が存在するようになりました。

事業主への融資といえば、従来はメインバンクとして取引している銀行と折衝を重ね、業績の報告書や事業計画書などの細かい書類を提出し、時間をかけた審査を経なければ受けることができませんでした。

しかし最近の「事業者ローン」には、担保も保証人も不要で、提出書類は本人確認書類のみというものもあります。

こうしたタイプのローンは、担保が必要ない分、限度額の設定が最高500万円程度となっており、法人ではなく事業主本人が個人として契約するものが多く見られます。

もちろん、従来型の担保・保証人ありの、融資額が比較的大きな「事業者ローン」にもいろいろなものがあります。以前よりも種類もタイプも多くなってきているだけに、いざ借り入れを検討しようとなると、いったいどこを選べばいいのか迷ってしまいそうですね。

「事業者ローン」を選ぶ際に最も大切なことは、何を基準にするか、ということです。借り入れ資金が数千万円単位と大きなときには、やはり必ず担保が必要になってくるはずですし、小額資金を短期間借りるだけでよいのであれば、手軽なフリーローンに近いものを選ぶこともできます。

借り入れる資金の使途や目的は何なのか、借り入れ期間はどのくらいの予定なのか、まずはすべてを書き出してみましょう。そのうえで、融資額・金利・返済期間などを比較検討して選ぶようにしたいですね。