事業者ローン >  景気後退はチャンス

景気後退はチャンス

リーマンショックを契機とする世界的な金融不和。最近は円高傾向が続き、輸出企業にとってはかなり厳しい情勢が続いています。

中小の事業者の中にも、経営情勢が厳しいと考えている方が多いのではないでしょうか。しかし景気が後退しているからといって、何もせずにいるだけでは景気悪化のあおりを受けることになってしまいかねません。

じつはこんな不景気のときこそが、あなたのビジネスを堅実なものにするチャンスでもあるのです。

「なぜ?」と思われた方も多くいらっしゃるかもしれませんね。カンタンにその理由をご説明しましょう。景気後退時はいろいろなものの価格が下がることは、みなさん肌で感じていらっしゃることかと思います。

これは事業に関わる経費に関しても言えること。オフィスの賃貸料が下がったり、サーバの管理費が安くなることがあるかもしれません。また積極的にコストダウンを計ろうとすれば、今かかっている金額よりもビジネスコストを下げられる可能性が大きくなります。

また、不景気になると失業率は増加傾向になります。景気の良いときというのは、優秀な人材は大企業に集中してしまいがちなもの。中小の企業にはなかなかよい人材が集まらず、人材確保に頭を悩ませたという経験をされた事業者の方もいらっしゃるでしょう。

しかし景気後退の今は、優秀な人材がリストラに遭い、正社員の働き口を探している可能性があります。現在のような経済情勢の中ならば、こうした優秀な人材が正社員であれば中小の企業でも働いても良いと考えている可能性は高いと言えます。

しかしどのようなチャンスも、元手となる資金がなければモノにすることはできません。金融会社が扱う「事業者ローン」を有効に活用し、あなたの事業をさらに確かなものへと変えていきましょう。