事業者ローン >  慎重化する金融機関

慎重化する金融機関

世界経済の減退、国内企業の不振など、中小企業を取り巻く環境は悪化の一途をたどっているといっても過言ではない昨今の経済情勢。

景気の後退に伴って、国内中小企業の倒産件数が増加していることなどから、金融機関はどこも中小企業への融資態度を慎重化させているようです。

運転資金の約7割を外部調達に依存しているといわれている中小企業。金融機関の融資の可否が、中小企業の命運を握っているとも言えるこのような状態では、事業者は安心して経営に専念することはできません。出入りの金融機関に融資を断られました、即倒産です、では優秀な経営者とは言えません。

現状は事業も資金もうまく回っていても、いつ何時「どうしよう!」というピンチに襲われるかわかりません。そんなイザというときに備えて、お付き合いのある銀行のほかに融資をしてくれそうなところを探しておきましょう。

幸いなことに、最近ではいろいろな会社が「事業者向けローン」や「ビジネスローン」といったものを取り扱っています。

担保・保証人が必要な、従来の「商工ローン」のようなものや、担保・保証人不要で気軽に借りることができる「ビジネスローン」など、目的と使途に応じてさまざまなタイプのものが選べるようになっています。

中には即日融資に対応してくれるものもあるので、事前にきっちり調べておけば、ほんとうに大変な時の大きな助けとなるかもしれません。

これからも金融機関の融資の慎重化は一層加速するものと思われます。金融機関の対応に事業の、会社存続の是非を左右されないためにも、「事業者ローン」を切り札として利用されることをオススメします。